アレルケア「L-92乳酸菌」って効果ありますか?

たまに新聞や雑誌の広告にカルピス社のアレルケアという商品が宣伝されています。

アレルケアは乳酸菌の免疫への関与(とくにアレルギーに関する作用)についての長年の研究の結果、開発された「L-92乳酸菌」を配合した乳酸菌のサプリメントであり、アトピー性皮膚炎ははじめ、花粉症やアレルギー性鼻炎などアレルギー性疾患全般を緩和する効果があります。

(※日本アトピー協会の推奨品でもあります。)

アレルギーにはヘルパーT細胞(Th1細胞とTh2細胞の2種類)という情報司令官ともいえる免疫細胞が大きく関与しており、通常Th1細胞とTh2細胞はバランスを保ち、免疫反応をコントロールしています。

しかし、生活習慣の乱れやストレス、腸内で悪玉菌が多くなると、Th1細胞とTh2細胞との免疫バランスがくずれてTh2細胞が優位に働くことが知られています。その結果、Th2細胞が働きすぎてアレルゲンと反応するIgE抗体が多くなりすぎると、免疫が過剰に反応してしまい、アレルギー疾患を発症してしまうのです。

したがって過剰に働いているTh2細胞を抑制し、Th1細胞と免疫バランスを保つようにすれば、IgE抗体の産生を抑えることができるので、アレルギー症状を抑えることができます。

アレルケアに配合してある「L-92乳酸菌」は、このTh2細胞に傾いた免疫のバランスを整えるメカニズムがあるといわれていて、Th1細胞を活性化し、Th2細胞を抑制してくれるといわれています。

L-92乳酸菌が免疫バランスを整えることができるのは腸管の免疫細胞を刺激するためと考えられていて、動物実感でもヒトを使った実験でも皮膚症状の改善やかゆみの減少といった成果が確認されていてTh2細胞を抑制しIgE抗体を抑制することが認められています。

乳酸菌のアレルギー性皮膚炎への効果というのはすでに症状があらわれている人に対してそれを緩和したり、改善するといった効果のほかにも、親から受け継いだアトピー因子を持つ子のアトピーの発症を抑える効果も確認されています。

つまり、親がアトピーならばその体質は子供に受け継がれやすいわけですが、子供に乳酸菌を与えていればその発症を遅らせることができるということなんです。

乳酸菌というとヨーグルトやキムチなどいわゆる発酵食品から摂取できます。ただ、発酵食品は悪化因子に数えられるものなので食べられない人もいるかと思います。だからこそ、アレルケアも乳酸菌サプリという形になっているわけです。

(※アレルケアは乳、卵、小麦、そば、落花生など特定原材料等25品目を含みません。)

乳酸菌を摂取して腸内を善玉菌優勢の環境に整えるということもアレルギー性皮膚炎に対する予防策としては非常に有効みたいです。どこまで効果があるかはわかりませんが悪化因子を遠ざけるためにも腸内環境には気を配っておいたほうがよさそうです。

このページの先頭へ