脱ステロイド・脱保湿とは?

アトピー性皮膚炎の治療において、ステロイド外用薬や保湿剤を使わない治療法全般を脱ステロイド・脱保湿といいます。皮膚科で行うものもあれば怪しい詐欺的な民間療法もあります。

効果のある薬にはどんなものであれ、副作用があるのが当たり前ですが、ステロイドにかんしてはその副作用やマイナス面があまりにもマスコミによって過剰気味に広められてしまったため、必要以上に抵抗感を持つ人が多いです。

昔はどうだったのかはわかりませんが、現代では同時にTARCのような炎症の度合いを調べられる血液検査もありますし、量や期間、薬の種類を微調整して正しく使えばそんなにステロイドを怖がる必要もないと思うんですが、それでも「絶対にステロイドは使わない!」という人がいます。

同様に保湿剤も外部から保湿成分を補うことで肌みずからが保湿成分を生成して水分保持力を高める機能を弱めてしまうことから「保湿剤依存症」になるため使わないほうがいい(=脱保湿)という意見も生まれてきたわけです。

そんなステロイドも保湿剤も使いたくない人が行うのが「脱ステロイド・脱保湿」療法です。

まず、脱ステロイドの方法ですが、基本的に全ての外用剤の使用をやめて(あるいは減らしていって)ステロイド外用剤の影響を無くし、自然治癒力によって皮膚を普通の状態に戻すというものです。

脱保湿も同じです。保湿剤を使うのをやめて、保湿剤のせいで弱っていた肌みずからが保湿成分を作り出し、肌のバリア機能を回復させて健康な肌の状態に戻します。

ここで覚えておきたいのは、脱ステロイドも脱保湿はアトピー性皮膚炎を治療するのではなく、ステロイドや保湿剤を使ったことによる悪影響を除去する方法だということです。

薬塗らないと治らず、悪化するから医者に行ってステロイドをはじめたのに、そのステロイドをやめたら自然治癒力が回復して症状が良くなるというのであれば、はじめからステロイドなんか使わず、我慢すれば治るわけですから。

そんなわけですので、非ステロイド製品に変えたり、免疫抑制剤を使ったりとアトピー性皮膚炎の治療はまた別の形で続くことになります。この際、急激に脱ステロイドを行うと、重い離脱症状が現れて地獄の苦しみを味わいます。

この苦しみから楽になるためには、再びステロイドを使用しなければならないので、相当強い覚悟がないと脱ステロイドは難しいと思っておいたほうがいいと思います。当たり前ですが、自己流では無理です。

脱ステロイドや脱保湿に定評がある皮膚科に行き、医師の指示のもと徐々にステロイドや保湿剤の使用量を減らし、同時に別のアプローチでアトピー性皮膚炎の根治治療を進めていくということになります。

最近は、電子付加治療というものが脱ステロイド・脱保湿療法として注目されているみたいです。

このページの先頭へ