アトピー対策を考えた衣服を選ぶこと

アトピー性皮膚炎の影響で肌のバリア機能が弱くなると衣服と肌が擦れる刺激にも過敏に反応してしまうようになります。チクチクしたり、かゆみがあると爪で掻いてしまうこともあるので衣服の選び方も大事です。

まず、基本的には通気性がよく汗を吸い取るものを選びましょう。

発汗もアトピーの悪化因子のひとつです。汗をかいて汚れが残るとその部分からかゆみがでてきます。首のしわ、耳まわり、ひじの内側やひざ裏などはあせもができやすいように汗の影響が強くでます。

アトピー対策を考えて衣類を選ぶと以下のものはNGです。

  • ザラザラして固い素材
  • ケバ立った起毛の衣類
  • ナイロン
  • ポリエステル
  • レーヨン

などなど。特に化学繊維は比較的反応がしやすい気がしますが、すべての人が化学繊維に反応するわけではないので、肌触りを重視してどうか?という点が一番大事です。

アトピー性皮膚炎にいいといわれる衣類の素材としては木綿100%が定番です。それからオーガニックコットンと呼ばれる、化学肥料や農薬を使用せずに育てた綿な素材として数えられます。

しかし、素材が安全でも織り方によっては刺激になることがあるので、重要なのは肌触りだということです。柔軟剤を使うことで着心地がよくなりますが、その成分が残っていると肌に刺激になることがあるのでそこは注意しておいたほうがいいと思います。

また、買ったばかりの新しい衣服を着るときもいくつか注意が必要です。

繊維を染色、加工する際に使用されていた薬品が残っている可能性があるのでできれば染色されてないものがいいですし、着る前に一度洗濯しておくのが基本中の基本。

また洗濯に使う合成洗剤が衣類に残っているとそれも刺激になるので洗剤のすすぎ残しがないようにすすぎはしっかりするようにしてください。

それから縫い代やタグが肌に触れるのも刺激になることがあるので切り取るなり、何か肌触りのいいものをクッション代わりにあてるなど工夫したほうがいいと思います。

参考になるかわかりませんが、日本アトピー協会推奨品という肌着だったり、靴下、寝具などがあるので、そういうものを基準にして衣服を選ぶというのもいいかもしれません。

このページの先頭へ