体を温めるとかゆみはひどくなります。

私が成人型アトピー性皮膚炎に苦しんでいたころのことを思い出すとお風呂やシャワーに入ったり、運動して汗をかくなど体が温まったときというのが一番かゆみがひどかったように思います。

当時は無知で理由がよくわからなかったんですが、今考えると体を温めることは交感神経を刺激しますし、皮膚の血流を増やしてしまうためかゆみがひどくなってしまうのも当然なんですよね。

汗も同様に汗自体が刺激になることもありますし、発汗するほど体が温まるというのがもうダメなんだと思います。目、お腹、肩といったところが私の場合はかゆくなりました。

肌を常に清潔にするということはアレルギー性皮膚炎にとっては重要なのでシャワーやお風呂に入らないというのはそれはそれで問題があります。皮膚に付着した刺激物や抗原が原因になって悪化する恐れがあるからです。

そのためできるだけ毎日シャワーやお風呂に入る必要がありますが、その際はお湯の温度に十分気をつけるようにしてください。経験上、38度を超えるとかゆみがひどかった気がします。

冷たくしすぎてもそれはそれで体が冷えてしまって不快になるので、自分にとってちょうど心地いい温度を探し出す必要があります。そう考えると自分の体温と同程度というのが一番体にとっては変化も起きないしいいかもしれません。

またお湯の温度は温めでも長時間つかっているとこれでも体が温まるので注意しましょう。

身体を洗う際はできるだけナイロンなどのかたい繊維のタオルは避けます。というか石鹸を泡立てて手を使って優しく洗うのが一番いいと思います。ゴシゴシ洗いは角質層を剥がしてしまうので止めたほうがいいです。

シャンプーや石鹸は刺激がなければ普通のものを使い、刺激があるようならば低刺激のものを使います。いずれにせよ洗った後は汚れや石鹸が残らないようにしっかりすすぐことが大事です。

そしてシャワーの後、お風呂の後は素早く、塗り薬と保湿剤を使ってスキンケアします。長湯したり、シャワーを浴びている時間が長いほど皮脂や皮膚の保湿成分が流れ出てしまうので湯上りの肌は皮脂が無くなってとても乾燥しやすい状態になっています。

※お湯の温度が熱いと皮脂や保湿成分の流出はなおさら進み、乾燥もひどくなります。

お風呂から上がったら5分以内に保湿するのが目安です。

このページの先頭へ