ステロイド外用薬、タクロリムス外用薬の正しい塗り方

成人型アトピー性皮膚炎でよく使われる外用薬はステロイド外用薬、そしてタクロリムス外用薬というステロイドとはまた違うアプローチで炎症と免疫反応を抑えてくれる薬があります。

タクロリムス外用薬について補足すると、これはステロイド外用薬とは違って皮膚が薄くなるとか血管が浮いているといった副作用がありません。ただ、皮膚に傷があると刺激になるのである程度ステロイドで肌がきれいになってから使うことが多く、また、中等症以下のアトピー性皮膚炎に有効ということで、重症の場合には使われません。

こうした外用薬の使い方、正しい塗り方のポイントですが、まず何よりも医師の指示通り使うということが大事です。塗布する量、場所、使用中止の判断など勝手なことは絶対にやってはいけないということです。

例えば塗布する量が少ないと効き目も中途半端なのでかゆみもなくなりません。使用量をきちんと守ることで炎症部位に薬がきちんと浸透して炎症を鎮静化してくれるということを覚えておきましょう。

また、薬を塗ることで炎症が収まり、赤みもなくなって肌がきれいになると、自己判断で勝手薬を塗るのを止めてしまう人がいますが、これもNGです。肌表面はキレイに治ったように思えても炎症の火種はまだ残っているからです。

そのため薬を自己判断で止めると、すぐにまた再発してしまいますし、肌を掻いたり、擦ったりして肌バリアを傷つけてしまうことで、症状をより悪化させてしまうという負の連鎖に陥ってしまうことがあるので注意が必要です。

炎症が治まっても定期的に病院に通い、医師に皮膚の状態をみてもらってください。

それからもうひとつ、顔だけでなく身体の各部位にもアトピー性皮膚炎の症状が出ている人には数種類のステロイド外用薬を塗る場所を指定して処方されることがあります。

なぜ、体の部位によって薬を塗る量や種類が違うのかというと部位によって浸透の程度が違うからです。一般的に顔は体や手足に比べて浸透がいいので比較的弱い薬を処方されますが背中や腕などは浸透しにくいため強い薬を処方されることが多いです。

ステロイド外用薬は症状や部位にとって細かく使い分けるものなので、指示以外の場所に使うことがないように気をつけないといけません。当たり前ですが、余っているからといって人からもらったり、逆に人にあげたりしてはいけません。

    <外用薬の正しい塗り方>

    1、汚れを落とした清潔な肌に塗ること
    2、必要な量をきちんと塗ること
    3、部位別にきちんと使い分けること
    4、指の腹を使ってなでるように薄く伸ばして使うこと
    5、カサカサ肌からしっとり肌になるまでおよそ3か月、根気よく続ける

塗り方が適切でないと期待した効果が得られません。正しい塗り方を心がけましょう。

このページの先頭へ