成人型アトピー性皮膚炎に起こりやすい合併症

子供のころのアトピー性皮膚炎がぶり返したという方も大人になってから突然、アトピー性皮膚炎を発症してしまったという人も共通するのはアレルギー体質だということ。

そのためアレルギー疾患全般(気管支ぜんそく、鼻炎、結膜炎etc...)にかかりやすい傾向がありますし、肌のバリア機能が低下していることから細菌やウイルスが侵入しやすく、単純ヘルペス(カポジ水痘様発疹症)や水いぼ(伝染性軟属腫)にもかかりやすくなります。

アトピー性皮膚炎の症状を鎮めるための塗り薬にも肌が過敏に反応してしまってかぶれ(=接触皮膚炎)や肌荒れを併発することもあるので注意しなければいけません。

それからこれが一番やっかいな合併症だと思いますが、顔や目の周りに強いかゆみや湿疹があることで擦ったり、爪で掻いたりするとその刺激により白内障や網膜剥離といった目の病気を引き起こしてしまう可能性があるということです。

成人型アトピー性皮膚炎はその特徴として顔に症状がでやすく、特に目の周りの皮膚の薄い部分には強くかゆみがあらわれるので無意識に強く擦ったり、たたいたりしがちです。

白内障と網膜剥離を同時に発症してしまうこともありますし、老人性の白内障に比べると進行も早く点眼薬で進行を遅らせることも難しいです。網膜剥離などはアトピー性皮膚炎のかゆみが収まらないと摩擦や刺激によって再発する恐れもあります。

重症化するほどこれらの合併症のリスクは高まります。用心するに越したことはないです。

このページの先頭へ